クセ毛の悩み

クセ毛の人のカット

クセ毛の人はどんなタイプのくせ毛にしても髪の毛が広がりやすい、まとまりにくい、ボリュームが多く見える、等の悩みを持っていますから、カットする時に「なるべく髪を少なくして、落ち着かせたい」と考える人が多いようなんですね。ところが、実際の所は、クセ毛の人が髪の毛のボリュームダウンのために、髪を梳く、という方法は、なかなか難しいようなんです。「梳いてください」と言うオ月島 美容室ーダーに対して、その通りに対処したところ、「ぜんぜんボリュームダウンしていない!」と結果に満足できないお客様もいるようです。それは、美容師のテクニックが良くないというよりは、、髪の毛を梳いて、軽くなってしまった分、残った髪の毛が動きを持つ幅が出来てしまって、クセが余計に目立つ結果になってしまったからなんですね。髪の量があれば、密度が濃いので髪の毛一本一本がクセを出しにくい状態にあるのですが、密度が低いと、いくらでも動きが出せてしまうので、うねったりはねたり、と収まりがつかない状況になってしまうわけです。もしも知識のある美容師ならクセ毛体質の人が「梳いてください」と言ったならば、そういう結果も考えられる、と言う事をきちんと事前に説明してくれると思います。多くの美容師は、クセ毛の人が髪を梳くのは勧めないようですよ。クセ毛の人はどんなタイプのくせ毛にしても髪の毛が広がりやすい、まとまりにくい、ボリュームが多く見える、等の悩みを持っていますから、カットする時に「なるべく髪を少なくして、落ち着かせたい」と考える人が多いようなんですね。ところが、実際の所は、クセ毛の人が髪の毛のボリュームダウンのために、髪を梳く、という方法は、なかなか難しいようなんです。「梳いてください」と言うオーダーに対して、その通りに対処したところ、「ぜんぜんボリュームダウンしていない!」と結果に満足できないお客様もいるようです。それは、美容師のテクニックが良くないというよりは、、髪の毛を梳いて、軽くなってしまった分、残った髪の毛が動きを持つ幅が出来てしまって、クセが余計に目立つ結果になってしまったからなんですね。髪の量があれば、密度が濃いので髪の毛一本一本がクセを出しにくい状態にあるのですが、密度が低いと、いくらでも動きが出せてしまうので、うねったりはねたり、と収まりがつかない状況になってしまうわけです。もしも知識のある美容師ならクセ毛体質の人が「梳いてください」と言ったならば、そういう結果も考えられる、と言う事をきちんと事前に説明してくれると思います。多くの美容師は、クセ毛の人が髪を梳くのは勧めないようですよ。

 

ハホニコ
http://www.hahonico.com/